山口県市町村職員共済組合

共済キーワード検索

 
 

組合員・家族が亡くなったとき

組合員の資格を喪失したときの年金や医療等の手続きについてお知らせします。

請求用紙(PDF版) 請求用紙(EXCEL版) 記入例

組合員証等の返納

組合員資格を喪失したときは、組合員証等を返却していただくことになります。
提出期限 すみやかに
提出書類
組合員資格喪失届書(所属所作成)
添付書類 組合員証等
 組合員証等とは、「組合員証」「組合員被扶養者証」「高齢受給者証」「特定疾病療養受療証」「船員組合員証」「船員組合員被扶養者証」「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」「長期組合員証」を指します。

退職後の医療保険制度

 退職後の皆さんの状況に応じて加入していただく制度が異なります。

貸付をご利用の方

退職時に全額償還していただくことになります。
返済期限 すみやかに
返済金額 未返済の借入れ金元金 + 利息
退職手当から、貸付残高を控除することができます。

積立貯金にご加入の方

組合員資格を喪失すると、共済積立貯金に加入継続することはできません。
提出期限 すみやかに
提出書類
積立貯金加入・変更・解約申込書    

共済年金関係の手続き

 退職された際に、すでに受給権のある方(60歳以上の方)は、所属所の共済事務担当課を通じて老齢厚生年金を請求してください。
 受給権のない方(60歳未満の方)は、下記の書類を提出してください。
◇受給権のある方
◇受給権のない方
提出期限 すみやかに
提出書類
退職届書  
添付書類 履歴書

その他の手続き

◇退職後6か月以内に出産された場合、出産費を受けることができます。

1年以上組合員であった方が退職後6か月以内に出産された場合、出産時に加入している医療保険からの受給か、当組合からの受給かを選択することができます。

退職後に被扶養者となっている場合、又は市町村等の国民健康保険に加入している場合が対象になり、退職後出産するまでの間に他の組合の組合員の資格を取得しているときは該当しません。該当する場合の出産費の請求手続きについては、「出産したとき」をご覧ください。

  こちらもご覧ください。

◇1年以上組合員であった方が退職時に傷病手当金を受給していた場合(報酬等との調整によりその全部を受けていない場合を含む。)、退職後も引き続き傷病手当金を受けることができます。
  詳しくはこちらをご覧ください。

◇1年以上組合員であった方が退職時に出産手当金を受給していた場合(報酬等との調整によりその全部を受けていない場合を含む。)、退職後も引き続き出産手当金を受けることができます。
  詳しくはこちらをご覧ください。

◇組合員が退職後3か月以内に死亡したとき、ご遺族は埋葬料を受けることができます。
  詳しくはこちらをご覧ください。

ページの上へ↑

 
 
(c) Copyright 2006 山口県市町村職員共済組合 All Rights Reserved.