宅地造成

土地面積が330m2を超えるときは、超えた部分の貸付けは行いません。(例・350m2の土地を350万円で造成しようとするとき、貸付可能な金額は330万円まで。)

提出書類

申込時

様式名 様式 記入例
  • 貸付申込書(様式第1号の2)
PDF PDF
  • 借入状況等申告書(細則様式第13号)
PDF PDF
  • 借用証書(様式第4号の1)
PDF PDF
  • 他の金融機関等からの借入状況と毎月の返済状況を確認できる書類(写)
   
  • 工事見積書(写)
   
  • 工事請負契約書(写)
   
  • 敷地の名義人が申込者でない場合は、名義人全員の当該物件所有者の工事等承諾書
   
  • 工事着工前の土地の写真。該当部分を朱線で示してください。
   
  • 災害貸付申込の場合は、市町村長等の発行する被災の事実を証明する証明書
   
  • 印鑑登録証明書(3か月以内に発行されたもの)
   

施行(購入)状況報告書提出時

  • 全体の工程の三分の一が終了したことが確認できるすべての工事箇所の写真。該当部分を朱線で示してください。

工事等完了時

  • 完了届
  • 土地の登記簿謄本
  • 工事にかかったすべての費用の領収書(写)
  • 工事箇所すべての完成写真

住宅を建築し居住した時

  • 住宅建築報告書
  • 家屋の登記簿謄本
  • 居住者全員の住民票

その他

取得しようとする土地に、5年以内に具体的な建築予定がないときは貸付けは行いません。

施行(購入)状況報告書は、全体の工程の三分の一終了後に提出してください。

PageTop

メニュー

メニュー